衰えている目の周りの筋力トレーニング方法で若々しさをアップ

>

整形せずとも簡単にできるトレーニング方法で

眼輪筋のことについてとその役割

皆さんは、眼輪筋が「目の周りを覆っているドーナツ状の筋肉、涙量の調整というポンプのような役割をも持つ」という私たちにとって非常に重要な役割を担っているのを知っていましたか?
また、まぶたの開け閉めの役割もあって、ゴミが目に入らないように防いでくれてたりもします。
目の近くには、たくさんの筋肉が複雑に絡んでいて、1つでもその筋肉が正常に機能しなかったら顔・身体にとってもものすごい負荷がかかってしまうのです。
近代の技術の進歩によって便利な道具や機械が発明されているのはとても素晴らしいことですが、私たちにとってメリットな反面、デメリットもあるのです。
それは一体何なのか、それをここから詳しくご紹介します。

衰えると身体に悪影響

身体に悪い影響が出るというのは、一体どういったことでしょう。
目の筋肉は常に機能している重要な部分だと説明しました。
眼輪筋が衰えてしまうと、顔の形が崩れる原因にもなってしまうのです。
例えば、まぶたがたるむようになってしまうことです。
眼球の周りにある脂肪を支えきれなくなってしまい、目元がたるんでしまうのです。
たるみだけでなく、しわやクマにもなってしまうので老け顔に見えやすくなります。
さらに、目が小さく見えてしまう、二重が一重になるということもあります。
おでこにも異状が出てきます。
それは、凝り状態になってしまうことです。
凝ってしまうことで、おでこや眉間など、目元のしわのなる原因にも繋がるからです。
ますます老け顔になってしまうわけです。


この記事をシェアする