衰えている目の周りの筋力トレーニング方法で若々しさをアップ

>

眼輪筋に悪影響の原因と日常生活での行動

スマホとパソコンなどの電子機器

それでは、目の周りの筋肉である眼輪筋が衰える原因は一体何なのでしょうか?
その1つとして挙げられるのが、皆さんが普段いつも使っているスマホ・パソコンといった電子機器です。
特にスマホは私たちにとってかけがえのない生活の一部になりました。
その際、長時間ずっと使用するのでまばたきの回数が減ってしまっているのです。
まばたきの回数が減ってしまうことで、筋力が衰えて目元がしわ、クマになってしまうというわけです。
だからといって、スマホ・パソコンの使用する時間を減らすということはとても難しいです。
仕事上、どうしても使わないといけない環境であるため、実行できないというのが現実です。
ですので、他の方法で筋力を鍛えなければいけません。

日常生活でやっている人の特徴

電子機器の原因だけでなく、私たちがとっている行動にも原因があります。
それはどんなことでしょうか?
悪い行動はしてないと思いがちですが、実はそこが大きな落とし穴になることもあります。
1.同じ体勢でいる時間が非常に長い
デスクワークが多い会社などではパソコンの作業が大部分を占めています。
パソコンの長時間の見すぎでまばたきをする回数が減るということが主な原因です。
また、血流の巡りも関連してくるので、ますます悪化します。
2.人と会話する機会が少ない
工場での勤務や在宅勤務の人に多いです。
人と話をする機会が無くなってしまうため、表情筋を使わなくなってしまうのです。
あまり感情を表に出さないようにするのは良い事ですが、出さなさすぎるとかえって身体にも悪影響になります。


この記事をシェアする